ぶろぐ柳緑花紅

アクセスカウンタ

zoom RSS PowerBookでX11を使う

<<   作成日時 : 2005/03/11 00:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
MacOSにはUNIXの世界では共通GUI環境であるX11を実装できるのでUNIXのアプリケーションを
ローカルマシンで実行したり、ネットワーク上のマシンで実行できます。
標準ではインストールされませんがOSキットにX11と開発環境が付属してるので
オプション指定することでインストールできます。
MacOSのX11はAppleがインプリしたのでグラフィック関係の性能がよいそうです。
UNIXのCADツールをSolarisで実行しPowerBookの画面に表示させてみました。
簡単なメモとして実行手順を紹介します。

Mac側
MacOSのX11を立ち上げる。
場所はアプリケーション>ユーティリティ>X11
xtermからxhostコマンドを実行しクライアントから実行の許可を与える
>xhost +hogehoge.co.jp
Unixマシンに telnet,rlogin などでログインする
>telnet hogehoge.co.jp

UNIX側
相手ホストにログイン後、環境変数DISPLAYをMacのIPアドレスに設定する
$>setenv DISPLAY PowerBookのIPアドレス:0.0
Xソフトを起動する(例)
$>xlogo &

PowerBookにXアプリが飛んできたらOK。
個人的にトラぶったのはxhostコマンドを実行してなかったので、
DISPLAYが見つからないとUNIXから怒られまくりました。

WindowsのXサーバーソフトは高価でバージョンアップなどメンテの費用も
かかるのでUNIXのクライアントにはMacという選択も一考の価値はあります。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
PowerBookでX11を使う ぶろぐ柳緑花紅/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる